MENU

 私は小さい頃から、お店を持ちたいという気持ちを持っていたんです。
当時はただ漠然と、自分のお店を持ってお客さんを喜ばせるという気持ちを持っていただけでした。
この考えというのは不思議と消えることもなく、ずっと持ち続けることができていたんです。
高校生の頃だって、友達に自分のお店を持ってお客さんに喜んで貰うんだって言っていたくらいです。
明確にカフェをやりたいと思うようになったのは、大学生になってからなんです。
キャンパスの近くにとても魅力的な小さなカフェがあって、そこに通うようになってこれだって思ったんです。
私もカフェをオープンして、お客さんと楽しくお話をしてみたい。
くつろげる空間を提供してみたい、愛されるお店を作ってみたいという気持ちを持つようになったんです。
漠然とした夢が現実的なものとなってきて、開業資金を何とかしなければという気持ちになって、アルバイト代も貯蓄するようになっていたんです。
できれば、早い段階で自分のお店を開きたい。
学校を卒業したらすぐにでもって気持ちになってしまっていたんです。
両親にもこの話をしてみたのですが、頑なに拒否をされてしまったのでした。
堅い仕事に就いて、ちゃんとした収入を得るようにという事を言われてしまいました。
親にはそう言われたけれど、簡単に自分の夢を捨てることなんてできません。
カフェをオープンする場合は、最低でもその資金が300万円ほど必要であるという事も分かってきました。
アルバイト代を貯めてはいたけれど、現在は50万円ほどしかありません。

開業するための資金としては全く足りない状態、このままでは卒業した後すぐにお店を開くと言う事は、不可能な状態になってしまいます。
この資金繰りを本当に何とかしなければと頭を悩ますようになっていました。
両親は絶対に資金を出してくれないのは分かっていますから、別の方法を考えなければなりませんでした。