MENU

 キャンパスの近くにある小さなカフェのように、街の人に愛されるようなお店をオープンする、この夢がとても魅力的なものに感じていたんです。
小さい頃からお店を開きたいという気持ちはあったけれど、大学生になってからは明確にカフェのお店を経営したいという気持ちになっていました。
大学を卒業して就職するのではなく、自分のお店を開いてお客さんたちに喜んで頂く、これが自分の生きる道だって気持ちになっていたんです。
しかしお店をやるにしても、それなりの資金というものが必要となってきてしまいます。
女子大生の私にはそんな大きな資金があるわけもなく、アルバイトをやってお金を貯蓄している状態でした。
アルバイトでやっと貯蓄できたのが50万円程度。
実際にカフェをオープンするともなると、最低でも300万円は必要となってしまいます。
私にはとても巨大な金額に思えてしまって、途方に暮れてしまう状態になっていました。
これだけの金額を手にするためにはどうすれば良いのか?頭を悩ませるようになっていたのです。
どうやって開業資金を手にすれば良いのか、親に頼ることができない状態でありますから、ますます困ってしまっていたのでした。
何とか卒業してからお店をオープンするために、それなりの資金を貯めておかなければなりません。
しかし今のままでは、それも大変難しい状態になっていました。
開業資金をどのにすれは良いのか考え続けた結果、たくそのお金を持っている人からサポートを受ければいんじゃないか?ふと、このような考えが思いついたのでした。
かなり思い切った思いつきではあるんだけれど、愛人という関係を作れば毎月多くのサポートを受けることができるようになります。
愛人契約という事が、今の私にはとても必要に思えたのです。