20歳女子大生の神待ち日記

私はインターネットのオンラインゲームが大好きである20歳の女子大生です。
オンラインゲームに課金をする事も頻繁にあり、月に万単位の課金をする場合もありました。
オンラインゲームを進めていくと課金の金額も大きくなり、もっと課金するお金が欲しいと思うようになり、インターネットで神待ちを行なってみました。

神待ち体験は初めてでしたが、オンラインゲームをしている女性ですと、神待ちを行なってお金や宿を得た経験の有る人が多いようであり、日頃からゲーム上で体験談を聞いていた私は抵抗無く始められました。
オンラインゲームを通じてお金をくれる異性を求め、向こうから来てくれるので交通費無し、フェラチオだけで四万円をくれる人間を見つけ、実際に出会いました。
出会った場所は私の家から近い公園の駐車場だったのですが、男性の車の中で即フェラチオを行い、すぐに四万円を手渡されました。

フェラチオは一時間くらい掛かってしまいましたが、時給四万円だと思うと高給であり、かなり得をした気分になりました。
インターネットで知り合い即行為に及び即お金が貰える、そんな神待ちは女性にとって重宝されています。
実はそれからも頻繁に神様からお金を得る行為を行なっており、バイト要らずの生活ができています。

ヤリマンな肉便器女子の日記