MENU

 私がパパ活をしなければいけないと思った理由、それは大学を卒業してからお店を開きたかったからなんです。
大学を卒業して企業で仕事をする、私の頭の中にはその様な行動は全くありませんでした。
ずっと以前から考えていた事、それは自分のお店を持つことだったんです。
私、カフェをオープンしたいって気持ちがあって、小さいお店でお客さんに愛されるような、そんな店舗にしたいなんて思っていたんです。
多分この夢はかなり小さい頃から持っていたんだけど、大学生になるとそれを実現したいという気持ちがとても強くなっていたんです。
だけど、お店をオープンするにはかなりの資金が必要となってしまうのです。
大学に入ってアルバイトをするようになって、そのお金を地道に貯蓄するようにはしていました。
しかし、アルバイト代というのは決して高いものではありませんから、現在手元にある貯蓄は50万円程度。
開業をする場合、300万円は最低でも必要になってくるので、全く及ばずといった感じです。
両親は卒業したらしかるとした企業で仕事をするようにと言う気持ちがあるようで、私の夢には大反対だったんです。
だから当たり前ですが、開業資金を出してもらうなんて事もできない状態でした。
何とか自分の夢を実現していくためにも、そのための資金を何とかしなければならない状況になっていました。
どうしても自分は大学を卒業した後、すぐにカフェをオープンしたい気持ちがとても強くなっていました。
愛人契約をする、これが確実な方法ではないかと思うようになったのです。
だけどパパ募集というのはどのようにやっていけば良いのか分りませんでした。
そこで愛人募集というキーワードを使って、インターネット検索をしてみたのですが、愛人契約に成功した女性の体験談を発見したのです。

この女性と同じような行動を取って行けば、私にもお金をサポートしてくれる男性を探せるかもという気持ちになりました。
愛人募集掲示板ではなく、出会い系サイトを使うと素晴らしい出会いを見つけられると言う事が書かれていたのです。

 

 お店を持つと言う事は、自分のずっと持っていた夢でした。
それを叶えるためにも、開業資金が必要となってしまいます。
今の状態では絶対にその資金を手にすることができない、だから思い切ってお金持ちの人と知り合い、愛人契約をしたいという気持ちを持つようになってしまったのでした。
インターネットの体験談もあるから、きっと成功するに違いないという気持ちになっていきました。

 

 

名前:柊木 眞衣
性別:女性
年齢:20歳
プロフィール:
 私は将来の夢があるんです。
普通のOL の仕事をするのではなくて、小さなカフェをオープンしたいという気持ちを持っていました。
できれば大学を卒業して、すぐにでもカフエを開きたいという気持ちがありましたが、それには開業資金が必要となってしまいます。
現在はアルバイトをしながらその開業資金を貯めてはいるのですが、もちろんアルバイト代だけではどうすることもできません。
両親は強く就職を望んでいるし、親からの援助を得ることは出来なさそうでした。